このエントリーをはてなブックマークに追加
2015年新卒入社

保原 佑紀

管理課 主事
大学卒業後、新卒社員としてGEクリエイティブに入社。
入社後はシステム開発、人事・総務等幅広い職種を経験し
現在は管理部門にて新卒採用や中途採用をはじめ横断的な業務に携わる。
管理課 主事/保原 佑紀
入社決意と今に至るまで

入社決意と今に至るまで

就職活動をしていたころは事務職を強く希望しており、事務職募集をしている企業は幅広く選考に参加していました。

複数の企業から内定をいただいていましたが、GEクリエイティブに入社を決めたのは、インターンシップへの参加が決め手でした。

インターンシップを2か月ほどフルタイムで行ったのですが、若い会社でとにかく雰囲気が良くて!
もともと社内の雰囲気が良いところで働きたいと思っていたこともあり、「ここなら大丈夫だ!」と自然と思えたんです。
ITについて知見がありませんでしたが、次第にITそのものにも興味を持つようになって、ここで挑戦してみようという気持ちになりました。

入社してすぐは、なんとエンジニアとして配属を受けて、PHPやVBAを用いた開発業務を2年程度行いました。
今は管理部門に専念していますが、エンジニアの大変さを知り、仕事のイメージが持てているのは大きな財産だと捉えています。

その後は事務職を経験し、ここ2~3年くらいで中途採用に携わるようになりました。
管理部から見た「変化を続けるGEクリエイティブ」

管理部から見た「変化を続けるGEクリエイティブ」

GEクリエイティブの特徴として、「良い」と思ったことや、社員の声はすぐに取り入れるんです。
例えば、制度面もテレワークをいち早く導入したり、勤務時間を柔軟に変更できる勤務時間選択制を取っていたり。
細かなことですが、「自販機がオフィスにあるといいな」という声からオフィスグリコを導入したり。
社員がお昼にカップ麺を頻繁に食べている姿をみた社長が健康を心配されたことがきっかけで、オフィスに置き型の社食を検討したり。
みんなで試食会なども実施して、リアルな声を吸い上げるようにしています。

働き方や制度面と同じく、個人のキャリアに関しても同じ考え方ですね。
ポジションチェンジも積極的に従業員の意見を吸い上げ、最適な配置を考えたり、やりたいことをやらせてくれる環境です。
私自身いろいろな職種を経験しましたしね!
入社して以来「一番ワクワクする」今

入社して以来「一番ワクワクする」今

GEクリエイティブは現在、大きな変化の渦中にいます。
それについて、「エンジニアからすれば前のほうが良かったのでは?」なんて聞かれることもありますが、良いものを残しながらブラッシュアップしているような変化で、私含め、社員のほとんどの人が納得しているんじゃないかなと思います。

例えば、以前から与えられていた「個人への裁量」って、裏を返せば若手を含む社員個人に責任を負わせてしまう部分もあったと思うんです。
それをしっかりPLやPMを配置して、よりのびのび働けるように整備したり。
一人ひとりの給与水準や働き方を担保するためにも経営目線で「この方がいいのでは」と方針にてこ入れをしたり。
最終的に「社員のため」というところに重点の置かれた変化であって更なる発展のためのステップと捉えています。
また、それについてしっかりと経営陣から説明があったことで社員の士気も上がりました。

今からも大きな変化の山を迎えると思っていて、人事的な観点としても、社員規模をもっと大きくしていって、全国の拠点をいくつか増やそうと構想中なんです。
できるかな?という心配よりも、できるんじゃないかなっていう期待が大きくて、入社して一番ワクワクしています。

変化まで楽しめる、組織として同じ方向を向ける方にぜひ入社いただいて、このワクワク感を分かち合いたいです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

他の求人票を見る